2022年4月13日水曜日

thomann S-75mk2

これが絶対的に良い製品かどうかはともかく、どんなものか試したくて買いました。

https://procable.jp/crown/s_75.html

プロケーブル賛否両論で、いろいろ見てるとたしかに“両論”と言いたくなる箇所があります。ある部分は正しいなあと思う一方でそれは正しくなさそうだなあというところです。

「皆さんフルボリュームで使うことが多いことが、販売させていただいていて、分かりました。それは間違いです。」これは正しそうです。あくまで極端な場合ですが、各段めいっぱい絞って最終段でフルに増幅させるよりは、各段でクリッピングしない範囲でなるべく増幅させて最後に絞るのが正しいです。

ただし、少なくとも家にある個体ではすごく絞った領域で左右の音量がまったく揃いません。このため10目盛りで2~3は最低限確保したいところで、このためPAの出力が1になるようなときは、直前のミキサーで出力をある程度絞ることでPAの目盛りを3~6とし、なるべくPAはボリュームをいじらないような使い方をしています。

2022年3月19日土曜日

OBSマイクのモノラル化

OBSで、モノラルマイクなのにステレオ扱いされて困ってる(モノラル扱いしたい)とき

オーディオの詳細プロパティでMono選べばOK

https://roimsblog.com/obs_audio_setting/

2022年2月7日月曜日

山田照明 Z-208PRO Bのレビュー

山田照明 Z-208PRO Bのレビューです

http://www.zlight.net/product/LED/Z-208PRO/

  • 決して安くないが買う価値あり
  • Ra値が高いのはもちろん、必要以上に明るい
  • アームがとても長く「どこにでも届く」裏側からもモニター越しで届く
  • 普通はZ-209PROではなくZ-208PROでOKのはず

2022年2月6日日曜日

ホタルクスHLDC12606買った

部屋のシーリングライトを交換しました。

  • ホタルクスのシーリングライト、調色機能が気に入りました
  • 部屋は8畳ですが12畳向けを買うのがおすすめです
  • 型番で検索しても、メーカーサイトですら出てきません

前々から実機を見ていて調色機能が好みのホタルクスの「いずれか」にしようと思っていました。今回の購入はカインズでHLDC12606です。

2021年3月21日日曜日

旧世代EOS-1D系統のパーソナル機能 (P.Fn)の設定はIEEE 1394接続が必須

 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1D Mark II, EOS-1Ds Mark II, and EOS-1D Mark II Nではカスタムファンクション(C.Fn)の他にパーソナル機能(P.Fn)と呼ばれる設定群が存在します。ところがこの設定はIEEE 1394(i.LINKやFireWireなどの名でも知られる)でEOS Utility 2.7.3(Mac OS X向けは2.7.2)以下のバージョンがインストールされたパソコンへ接続する必要があります。

EOS Utilityはパソコンとカメラを接続して画像取り込みやテザー撮影などを可能にするソフトです。テザー撮影はIEEE 1394接続によって行うのが2000年頃の主流だったようです。たとえばコダックのDCSシリーズ(1987-2004年)では、最初がSCSIで後にIEEE 1394へ移行しています。詳細はThe DCS storyに記載があり、これは以下のブログ記事の末尾にリンクがあります。